早稲田大学・DAYS JAPAN共催 フォトジャーナリズム・フェスティバル トップへ English Version お問い合わせ

趣 旨
 「フォトジャーナリズム・フェスティバル」は早稲田大学DAYS JAPANの共催によるものです。

 「ジャーナリズム」といっても広範囲におよぶため、今回は「フォトジャーナリズム」の視点から「現場のジャーナリストの仕事にふれて再認識する」「ジャーナリズムに信頼を取り戻す道を模索する」「激変するメディア界の将来について考える」などジャーナリズムの全般について問いかけます。

 例えば、ジャーナリストの仕事、とくに人権や生命を守るための役割を理解するという点では、ビジュアル・ジャーナリズムも活字ジャーナリズムも、基本的には共通の基盤を持ちますが、このジャーナリズムの基盤が理解されないまま、器であるメディアの種類だけが語られる傾向があります。

 経営が中心に語られる「メディアの危機」ではなく、「ジャーナリズムの危機」を考え、人々は何を知る必要があるのか、何を伝えるべきなのか、ジャーナリストは何を守るべきか、この問題に絶えず立ち返り、現場のジャーナリストたちの仕事にふれながら、メディアの状況、未来についても考える機会をもちます。

 本フェスティバルは展示・講演会などイベントを行うとともに、早稲田大学が長いジャーナリズムの歴史をもつ大学であるため、本学でのジャーナリズム教育の活動を紹介します。また、各イベントも学生をはじめとしたボランティアの協力を得て、インタラクティブな活動を行っていきます。

 その期間はコア期間を2週間とし、前後数か月にわたる長期間の複合的イベントとなります。学生はもちろんのこと幅広い層を対象としていますので、みなさまにご参加いただき、ジャーナリズムへの意識がより高まることを希望します。

詳 細
2009年9月28日(月)〜2010年2月27日(土)
早稲田大学内各所、一部学外(交渉中)
  21号館(大隈記念講堂)、27号館(小野梓記念館: 小野記念講堂、ワセダギャラリー、地下1階通路)、
  26号館(大隈記念タワー: 125記念展示室)、戸山キャンパス(学生会館)ほか
早稲田大学学内開催イベントは無料
早稲田大学(文化推進部)DAYS JAPAN
[A](1)政治経済学術院 (2)文学学術院 (3)教育・総合科学学術院 (4)川口芸術学校
[B](1)教務部 (2)学生部 (3)総務部(総務課) (4)キャンパス企画部 (5)広報室
[C](1)ジャーナリズム教育研究所 (2)イスラーム地域研究機構
[D](1)オープン教育センター (2)平山郁夫記念ボランティアセンター (3)エクステンションセンター
清里フォトアートミュージアム株式会社シグロ東京都新宿区株式会社ニコンイメージングジャパン毎日新聞社(写真部)日本放送協会(NHK)早稲田大学生活協同組合など
プレスリリース
プレスリリース [PDF]
●広報用貸出写真 申込書 1 [PDF] 申込書 2 [PDF] 申込書 3 [PDF]
※ プログラム内容は変更する場合もございます。