中国 木を植えるふたり
撮影:エリック・サンパース(Le Figaro Magazine)

01

14年前まで岩や枯木に覆われた荒れ地に木を植え、森を復活させたふたり。ハイシャ・ジンは15年前に石粉工場で起きた爆発で視力を失い、ジア・ブンキは3歳の頃に高圧線に触り両腕を失った。子供の頃から知り合いだったふたりは、残りの人生を意義のあるものにしようと木を植えはじめた。

01

14年前まで岩や枯木に覆われた荒れ地に木を植え、森を復活させたふたり。ハイシャ・ジンは15年前に石粉工場で起きた爆発で視力を失い、ジア・ブンキは3歳の頃に高圧線に触り両腕を失った。子供の頃から知り合いだったふたりは、残りの人生を意義のあるものにしようと木を植えはじめた。

01

14年前まで岩や枯木に覆われた荒れ地に木を植え、森を復活させたふたり。ハイシャ・ジンは15年前に石粉工場で起きた爆発で視力を失い、ジア・ブンキは3歳の頃に高圧線に触り両腕を失った。子供の頃から知り合いだったふたりは、残りの人生を意義のあるものにしようと木を植えはじめた。

01

困難なことも多いけれど、互いに支え合いながら、木の枝を切り、川を越えて、木を植えに向かう。

01

枝を切るときは、目の見えないハイシャが木に登り、ジアは下から声掛けをしてどこを切ればいいのかを伝える。苗木を買うお金がないので、こうして長年の間、木を植えてきた。

01

枝を切るときは、目の見えないハイシャが木に登り、ジアは下から声掛けをしてどこを切ればいいのかを伝える。苗木を買うお金がないので、こうして長年の間、木を植えてきた。

01

枝を切るときは、目の見えないハイシャが木に登り、ジアは下から声掛けをしてどこを切ればいいのかを伝える。苗木を買うお金がないので、こうして長年の間、木を植えてきた。

01

枝を切るときは、目の見えないハイシャが木に登り、ジアは下から声掛けをしてどこを切ればいいのかを伝える。苗木を買うお金がないので、こうして長年の間、木を植えてきた。

01

枝を切るときは、目の見えないハイシャが木に登り、ジアは下から声掛けをしてどこを切ればいいのかを伝える。苗木を買うお金がないので、こうして長年の間、木を植えてきた。

01

枝を切るときは、目の見えないハイシャが木に登り、ジアは下から声掛けをしてどこを切ればいいのかを伝える。苗木を買うお金がないので、こうして長年の間、木を植えてきた。

01

枝を切るときは、目の見えないハイシャが木に登り、ジアは下から声掛けをしてどこを切ればいいのかを伝える。苗木を買うお金がないので、こうして長年の間、木を植えてきた。

01

枝を切るときは、目の見えないハイシャが木に登り、ジアは下から声掛けをしてどこを切ればいいのかを伝える。苗木を買うお金がないので、こうして長年の間、木を植えてきた。

01

ふたりはこれまで30,000本を植樹した。

01

ジアは、「互いに支え合っているから、障がいを言い訳にせず、限界を乗り越えることができた。私はハイシャの目であり、彼は私の腕なんだよ」と話した。

01

ジアは、「互いに支え合っているから、障がいを言い訳にせず、限界を乗り越えることができた。私はハイシャの目であり、彼は私の腕なんだよ」と話した。