中国の毛皮産業
撮影:ヨンチ・チュー(浙江日報)

01

キツネ飼育場で、作業員が毛皮を取るため電気をかけて屠殺する間、キツネの頭を押さえつけている。
同村には、今なお毛皮取引のためにキツネ・タヌキなどの動物を飼育している家が60世帯以上ある。国営メディアによれば、中国は世界最大の毛皮の生産・輸出国である。

02

作業員はキツネを屠殺するのに、刺股(さすまた)を使う。

03

作業員はキツネを、電気で屠殺後に囲いに投げ入れる。毛皮を剥ぐためである。キツネ飼育場にて。

04

作業員は、キツネ飼育場の小さな囲いの中で毛皮を剥いでいる。

05

作業員は、ナイフを使ってキツネの毛皮から皮膚を剥がしている。

06

作業員は、キツネの毛皮を日干しにしている。

07

皮膚を剥がれたキツネが木から吊るされている。

08

地方の農民にとって、キツネの飼育は良い収入源である。

09

血で染まった軍手が置かれているキツネの屠殺現場。村には、今なおも毛皮取引のためにキツネ、タヌキなどの動物を飼育している家が60世帯以上ある。国営メディアによれば、中国は世界最大の毛皮の生産・輸出国である。

10

雨が降ると、作業員は室内でキツネ(の毛皮)を乾燥させる。
近年、中国は世界最大の毛皮産業貿易国となった。重要な毛皮処理国かつ毛皮買付国であるフィンランドやデンマークによる毛皮の競売は、中国にとって皮革売上の40%を占めることになるだろう。中国毛皮市場は、世界最大の毛皮処理取引の起点になっていくと見られている

11

作業員は、キツネの仕分けに機械を使う。

12

キツネの毛皮が積まれた中で昼寝をしている作業員。

13

子どもが自転車に乗ってキツネの皮の上を走っている。

14

作業員がキツネ飼育場の小さな囲いの中で、キツネの屠体から毛皮を剥いでいる。

15

ホッキョクギツネが、キツネ飼育場にある檻の中にいるのが見える。