ドメスティック・バイオレンス
撮影者:サラ・リーコウィッツ(Reportage by Getty Images)

01

前科があり、ドラッグ中毒から立ち直ろうとしているシェーン(写真右、31歳)は、付き合い始めたマギー(写真左)とその子どもたちを養うために、ロックバンドのボーカルとして再スタートしようとしていた。彼によると、前科のため生活に十分な稼ぎを得られるような定職に就くのは、至難の業だという。オハイオ州、アメリカ。

02

シェーンは人生の大半を刑務所の中で過ごしてきた。今まで、顔のタトゥーや前科のため、定職を得て生活ができる程稼ぐことは不可能に近かった。しかし、11歳年下のマギーと知り合い、彼は人生を立て直そうと決意した。オハイオ州、アメリカ

03

マギーと2人の子どもたち。メンフィス(写真中央、2歳)とケイデン(写真右、4歳)。マギーは、シェーンと交際する数か月前に、2人の子どもたちの父親と別居していた。シェーンは付き合いはじめのころから子どもたちをかわいがり、ケイデンに「パパ」と呼んでと言っていた。オハイオ州、アメリカ

04

シェーンとマギーが付き合い始めて1か月後、シェーンは首筋にでかでかとマギーの名前のタトゥーを彫った。オハイオ州、アメリカ

05

2人だけで出かけることは珍しい。地元のバーにカラオケをしに行った。オハイオ州、アメリカ

06

出かけた地元のバーで、シェーンが他の女性といちゃついていたのに嫉妬したジェーンは先に帰宅した。しかし、シェーンは後から帰ってくると、「マギーに放って行かれた」と激高し始めた。そして、彼の友だちがマギーを誘惑していたと責め立て、彼女が自分を裏切ったと叫んだ。オハイオ州、アメリカ

07

危険を感じたマギーは逃げようとしたが、キッチンに押し戻された。シェーンはマギーに、キッチンで殴られるか、地下室で2人きりで話し合うかどっちかにしろと迫った。オハイオ州、アメリカ

08

シェーンとマギーがケンカを続けている間、娘のメンフィスは泣きながらキッチンに入ってきて、2人の側を行ったり来たりして離れようとしない。その間もシェーンは、マギーに向かって叫び続けていた。すると突然、メンフィスは泣き止み、涙ぐむ母をなだめ始めた。オハイオ州、アメリカ

09

近隣住民が警察を呼び、シェーンは逮捕された。彼は手錠を外そうとしながら、マギーに「愛してる。サツが俺を連れてかないようにしてくれ。俺が何もしてないって、こいつらに言ってくれ!」と懇願した。オハイオ州、アメリカ

10

マギーはシェーンと別れ、子どもたちの父親ゼインと再び済み始めた。しかし、シェーンとの関係が尾を引き、ゼインとも度々ケンカをする。この日も口論となり、ひとりバスルームで泣いていた。アラスカ州、アメリカ

11

シェーンに暴力をふるわれた夜が明け、親友のエイミーの家の前に座り、タバコを吸うマギー。数日後、マギーはアラスカ州にいる疎遠になった夫であり2人の子どもの父親であるゼインの元へ行くことに決めた。
シェーンには、家庭内暴力の罪で9か月の刑を言い渡された。しかし、5か月後の2013年8月、模範囚という理由で減刑され、釈放された。オハイオ州、アメリカ

12

土曜の午後、美しい風景が広がるアラスカでのドライブを満喫するメンフィスとマギー。アラスカ州、アメリカ

13

ケイデンの態度はアラスカに引っ越してから急激に変化した。マギーによると、今までシェーンよりもはるかに浅かった実の父との絆を確かめるような行動を取るようになったという。「ケイデンは父親を尊敬しているのよ。もう2度とシェーンを好きになることはないし、彼を尊敬するようなこともないわ」とマギーは言った。アラスカ州、アメリカ

14

マギーとメンフィスはとても強い絆で結ばれている。母子は抱きしめ合い、笑い合って何時間も過ごす。マギーはシェーンとのことを教訓にして、「私はメンフィスに、もう2度と誰かがあなたのことを悪く扱うようにはさせないと知ってほしい」と言う。アラスカ州、アメリカ

15

リビングのソファでヒーローごっこをして遊ぶケイデン(写真右)とメンフィス(写真左)。アラスカ州、アメリカ