DAYS JAPAN 2018年2月号目次

2018年2月号表紙と目次
2018年2月号表紙と目次
最新号、バックナンバーのご注文はこちらから

Fujisan.co.jpロゴ160px

特集:福島県 双葉町・大熊町 浮上した帰還計画

2011年3月、福島第一原発に隣接する双葉町・大熊町は、高濃度の放射能に覆われ、帰還困難区域に指定された。今も放射能が残るが、政府は2020年のオリンピックまでに二つの町の中心部などへの立ち入りを自由化し、23年に居住を開始させるという。この計画は人々に本当の「復興」をもたらすのか。

1井戸川克隆前双葉町長の証言
今に続く「福島へ帰れ」の圧力
引き上げられた「安全値」になぜ帰還できるのか。
話/井戸川克隆(前双葉町長)、写真・文/広河隆一(本誌発行人)

2 双葉・大熊、帰還のシナリオ

特集:福島県双葉町・大熊町 帰還計画のシナリオ
特集:福島県双葉町・大熊町 帰還計画のシナリオ

 

アニマルワールド ママはお手上げ
写真/メリッサ・ノラン/CWPA/Barcroft Media

 

TOPICS シリア・東グータ地区 IS敗北の後、何が起こっているか
写真/アナス・ダマシュキー、タルク・アルマスリ、ディア・アルディン/アナドル・エージェンシー/ゲッティイメージズ

TOPICS 踏みにじられた「イラクからの独立」の意思 分断されるクルド人自治区
写真/フェリク・フェレック/アナドル・エージェンシー/ゲッティイメージズ

TOPICS 「アフガニスタンは米国の新たな墓場になる」タリバンが警告
写真/スコット・オルセン/ゲッティイメージズ

TOPICS 国家破綻に一番近い国、ベネズエラ 2017年に70のメディア閉鎖
写真/フレデリコ・パーラ/AFP

 

NYに潜む危ない鉛汚染 子ども5400人が中毒に
写真/シャノン・ステープルトン/ロイター/アフロ

NYに潜む鉛汚染 子ども5400人が中毒に
NYに潜む鉛汚染 子ども5400人が中毒に

南アフリカ 白人、黒人、相互不信の末の殺害 根深い差別の構造
写真・文/ブレント・スタートン/ゲッティイメージズ

イランからパキスタンへ 命がけの石油密輸
写真/サデグ・スーリ、文/ジーナ、ウィリアムズ

イランからパキスタンへ命がけの石油密輸
イランからパキスタンへ命がけの石油密輸

フェアトレード×選択⑭日々の針仕事が笑顔を運ぶ鮮やかな色彩と伝統モチーフのパレスチナ刺繍
話/特定非営利活動法人パレスチナ子どものキャンペーン

映画×テレビ×ドキュメンタリー16 エネルギーの自立を!「幸福の経済」を作る人々
文/橋本佳子(プロデューサー)

コラム 「おしどりマコ・ケンの実際どうなの!?」
予算は1000億以上! 事故後に生まれた子どもの甲状腺検査、どうしてしないの?

コラム「OUTLOOK」生活保護費の切り下げがみんなの生活を破壊する!
文/斎藤美奈子イラスト/山福朱実

私の取材機材⑧ティモシー・アレン

バックナンバー紹介・定期購読のご案内

DAYSフォローアップ:DAYSは今日も営業中

アクションレポート 市民の力が未来を変える!

「生きている」橋   写真・文/ティモシー・アレン

インド「生きている橋」
インド「生きている橋」

営みの地球148マッコウクジラの大群
写真・文/トニー・ウー

マッコウクジラの大群
マッコウクジラの大群

編集後記

表紙: 原発事故で帰還困難区域になった福島県双葉町で、通りを歩 くイノシシ。事故から7年、人が去った町は静まり返っている。長時間 露光で撮影。2017 年10月4日 Photo by Asahi SHIMBUN via Getty Images