DAYS JAPAN写真展2018 地球の上に生きる「世界の未来をつくるために」

DAYS 国際フォトジャーナリズム大賞2018の受賞作品展がいよいよ5月19日から
開催されます。1万点の応募から選ばれた、フォトジャーナリストたちの作品を
ぜひ会場の大きなパネルでご覧ください。


DAYS JAPAN
写真展 2018地球の上に生きる
世界の未来をつくるために

太陽が照りつける中、田んぼの泥道で泣いているロヒンギャ難民の少女。ここにたどり着くまでに、ほとんど睡眠を取らずに何日も歩き続けた。パロンカリ、バングラデシュ。2017年10月16日
太陽が照りつける中、田んぼの泥道で泣いているロヒンギャ難民の少女。ここにたどり着くまでに、ほとんど睡眠を取らずに何日も歩き続けた。パロンカリ、バングラデシュ。2017年10月16日
会期: 2018年5月19日(土)~ 6月10日(日)
時間: 11:00~19:00(最終日は17:00まで、月曜休み) 入場無料
会場: 生活工房3Fー4F
東京都世田谷区太子堂4-1-1キャロットタワー内
http://www.setagaya-ldc.net/access/
展示:DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2018受賞作品約65点
難民をテーマにした作品約20点、14年分の受賞作品のスライドショーなど。

DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2018の全受賞作品は
こちらからご覧いただけます。

【関連イベント】

トークイベント&上映会
「日本人看護師が見てきたシリアの市民たち」

シリアの戦地で看護師として医療活動に携わった
白川優子さんのお話とともにアカデミー賞
短編ドキュメンタリー映画賞を
受賞した、シリア現地の民間救助活動グループ
「ホワイトヘルメット」の
ドキュメンタリーを上映します。

日時:6月3日(日)14:00~16:00 会場:生活工房5F

講師:白川優子氏(国境なき医師団看護師)

上映作品:短編ドキュメンタリー映画「ホワイトヘルメット シリアの民間防衛隊」
    (字幕/2016年/イギリス/40分)
定員:100名(申込先着順) 参加費:無料
申込方法:下記のリンクから。もしくは電話(03-5432-1543)にて。

https://www.setagaya-ldc.net/

主催:DAYS JAPAN、公益財団法人せたがや文化財団  企画:世田谷社

 ISの支配から解放された地域へ、 子ども連れの夫婦が逃げていく。 何か月にもわたるISの支配で、市 民の多くは飢餓と栄養失調で心身 ともに衰弱している。2017年6月 23日
ISの支配から解放された地域へ、 子ども連れの夫婦が逃げていく。 何か月にもわたるISの支配で、市 民の多くは飢餓と栄養失調で心身
ともに衰弱している。2017年6月 23日
無事に浜辺に着いて、安堵のあまり気絶してしまった女性。2017年9月29日
無事に浜辺に着いて、安堵のあまり気絶してしまった女性。2017年9月29日
 ショッピングモールの中にある、氷 点下が売りの「チルアウト・アイス・ ラウンジ」にて、ホットチョコレートを飲むサウジアラビアからの旅行 者。2016年1月6日
ショッピングモールの中にある、氷 点下が売りの「チルアウト・アイス・ ラウンジ」にて、ホットチョコレートを飲むサウジアラビアからの旅行 者。2016年1月6日
核実験場の北側に隣接するクルチャトフの町。かつては核実験場の本部があり賑わった町も、今では人口が減り、団地も荒れ果てている。クルチャトフ、カザフスタン。2016年10 月3日
核実験場の北側に隣接するクルチャトフの町。かつては核実験場の本部があり賑わった町も、今では人口が減り、団地も荒れ果てている。クルチャトフ、カザフスタン。2016年10 月3日
破壊された建物の上に、迫撃砲対策として反政府勢力が壊れたバスを積み上げた。2017年1月12日
破壊された建物の上に、迫撃砲対策として反政府勢力が壊れたバスを積み上げた。2017年1月12日