※本展は終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

DAYS 国際フォトジャーナリズム大賞2018の受賞作品の写真展「地球の上に生きる」が7月14日から17日まで、名古屋で開催されます。毎年たくさんの方に起こしていただいていますが、今回も4日間のみの開催です。お見逃しなく!
また、15日にはDAYS JAPAN発行人 広河隆一の講演会、そのほか毎日イベントが予定されています。ご都合がよろしければ、ご参加ください。

DAYS JAPAN 2018_omote-001

DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展2018in 名古屋
地球の上に生きる」

http://daysnagoya.mimoza.jp/index.html

日時 2018年7月14日(土)~17日(火)10:00~19:00(最終日 17:00まで)

会場:名古屋国際センター4F 第1・2展示室

http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/aramashi/nicaccess

〒450-0001 愛知県名古屋市中村区那古野1−47−1

参加費:写真展500円 講演会500円 映画 500円

展示:DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2018受賞作品約65点

講演会と上映会

【7月14日(土)14:00~16:00】
講演会:「ご近所の外国人~こんなにたいへん日本の暮らし」
講師:佐伯 奈津子(インドネシア民主化支援ネットワーク・名古屋学院大学)
概要:愛知県に住む外国人は約23万5000人と、東京に次いで二番目に多い。コンビニでも、スーパーでも、レストランでも、駅でも、役所でも、街のいたるところで外国人を目にしますが、かれらはどんな暮らしを営んでいるのでしょうか。わたしたちにとって、近くて遠い外国人住民についてお話します。

【7月15日(日)14:00~16:00】
講演会:「今 ジャーナリストとして」
講師:広河隆一(DAYS JAPAN発行人)
概要:ジャーナリストとして50年、パレスチナ・チェルノブイリ・福島にかかわり、常に弱い立場の人々に寄り添う姿勢を持ち続けた。DAYS JAPANを通して訴えたいこと、今の報道の在り方を語る。

【7月16日(月・祝)】
映画「もうひとつの約束」10:00~12:00
概要:ハン・サング自慢の娘は、サムソンの工場で働き白血病のため22歳で他界した。労災認定を求め、父はたった一人で巨大企業を相手に闘った。10年たった今も闘いは続いている。この実話をもとに一般の人々の出資で映画が作られ、劇場が上映を見送る中、自主上映運動が韓国全土に広がった。感涙必至の映画。

講演会:「すごくわかりやすいイスラームのこと」14:00~16:00
講師:サラ クレシ好美(名古屋モスク広報担当)
概要:イスラームについて誤解していませんか?
1400年前から女性の権利が守られ、義務は状況に応じてフレキシブルに対応可能、トラブルを避ける工夫が満載で、実は平和を愛する教えであることなど、知れば納得のイスラームをお話します。

【7月17日(火)14:00~16:00】
映画「ザ・おもいやり II」
概要:沖縄のアメリカ軍基地をめぐる素朴な疑問から、調べ始めると・・・???ますます疑問だらけ。前作はお金を中心に探ったが、パート2はさらに深く追求する。

主催 DAYS JAPANサポーターズクラブ名古屋
協賛  DAYS JAPAN
後援 名古屋市、(公財)名古屋国際センター